熊本ボランティアで介護のボランティアが必要とされているので介護士として考えてみた

僕は、介護の仕事が大好きです。

小さい時からおじいちゃん・おばぁちゃんと

関わるのが好きで小学生の時から

ボランティアをしていました。

 

そんな、僕は実際に介護士として

働かせてもらっています。

 

そこで思うのは、やはり世間でも言われているように

給料が安い

好きな仕事なのに給料が安いと

辞めざる負えない人もいるでしょう・・・

 

それはとても残念な事です・・・

しかし、僕は好きな介護の仕事をしながら

副業をして収入を安定させています。

 

僕がやっている副業に興味がある方は

まとめ記事を作っているのでご覧ください。

ゼロから始めるせどり講座はこちら

 

介護ボランティア募集本当にいい事なの?

 

熊本の南阿蘇村で5月30日に

ボランティアの募集が開始されましたね。

 

正直、介護は自分の身体を削らないといけない仕事です。

そして、ボランティアでできるものではないでしょう。

 

なぜかと言うと、介護に慣れてない人が

認知症の人に関わったら認知症の人がパニックになってしまうし

麻痺がある高齢者なら、関節可動域の確認をしないと行けないし

B型肝炎やC型肝炎にかかっている人もいらっしゃるだろうし

 

そこで介護する側にもリスクがともなってきます。

肝炎とか簡単にうつってしまうし、そうなってしまった時には

誰が責任取るのか?

 

県外から介護のボランティアに行ったら1日2日しか無理だろうし

何度も介助する人が変わったら高齢者の人もパニックになってしまいます。

 

せっかく介助ボランティアをする人も

介助される利用者の方もメリットがあまりないでしょう。

 

こう言う事を言うと気分を害される方もいらっしゃると思いますが

介護のボランティアを募集するのなら

しっかりお金を払うべきだと思います。

 

介護をするなら長期間やっぱりしないといけない

それをボランティアでするとなると自分たちの生活が出来ません。

 

国はそういう所にもっとお金を変えるべだと僕は考えています!!

 

介護か軽視されている

 

実際に介護は誰でもできると軽視されていますが

実際自宅で見ている人が少しでも楽になるように

介護も色々な施設があります。

 

特別養護老人ホーム

小規模多機能型老人ホーム

グループホーム型老人ホーム

ディサービス

他にもたくさんの施設がありますね。

 

施設で使用用途は変わってきますが

施設の力を借りる事で自宅で介護が出来ている

と言う方もたくさんいらっしゃるのです。

 

誰でもできる仕事なら介護福祉士は

国家資格にはなっていないでしょう。

 

介護士だけはやりたくない!

と言う人も多い中誰でもできる仕事ではない!

 

そして、専門的知識を持っているからこそ

できる支援もある。

そんな仕事が軽視されているのはおかしいです!!

 

国はこれから亡くなっていく命にお金をかけられない

と思っているかもしれないですが

今の高齢者が色々な事を築いてきてくれたから

今の生活があるのだと僕は思っています!!

 

僕はこの介護界をいずれは変えたいです!!

 

高齢者が生活しやすいように

介護で働く人がもっと充実できるように

もっと介護がいろんな人から認められるように

 

そうやって介護をする人が増えて

年代関係なくお互いがお互いを支えられる

そんな世の中にしていきたい!!

 

これからたくさんの経験を積んで

色々な人の力になっていきたいです!

 

 

役にたったら「はてブ」よろしく!!


明日からせどりが出来るようになる
ゼロから始めるせどりの教科書プレゼント中

せどりで1番勉強になる仕入れ同行風動画も見てね♪

初めての人でもこれを見れば

簡単にせどりが出来る方法を発信中!!

これ読まんとてっげ損すっじ!!


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください