古物商の取得は3ステップで個人でも簡単にできる♪

どうも、週休6.5日せどらーみつるです。

 

今回は、古物商の取得についてお話をしていきますよ♪

 

え!?せどりするのに、古物商って必要なの?

 

ネットでは、必要って言う人と、必要じゃないっていう人と意見が2極化してますが

警察に「せどりするにも、古物商が必要ですか?」って聞いた時のことを

記事にまとめてますので、良かったら読んでください♪</p

せどりをするのに古物商って必要なのか、警察に聞いてみた。
どうも、週休6.5日せどらーみつるです♪ あなたは、古物商取りましたか?俺は、もちろん取りました♪ でも、ネットでは色んな意見が飛び交っちょっすよね?え!?個人から...

古物商の取り方って、めっちゃ簡単なんっす♪

今回は、3つのステップで紹介していきます。

 

ステップ1 古物商を取得する為に、警察署へ行こう♪

 

まずは、近くの警察署の古物商担当係りに書類を貰いに行きます。

貰う書類は、古物商申請書・契約書・略歴書・使用承諾書などをもらいましょう♪

まぁ、警察署に行ったら渡してくれるんで、安心して行って下さい^^

次に持ってくる物とか、書類の書き方とかを言われるんでメモできる物を持って行った方がいいと思います。俺は結構やり直し食らいましたww

警察署に行く時間ないなぁ~・・・
みつる
任せて下さい!警察署に行かなくても書類のダウンロード出来るようにしちょきますね♪

※クリックしたら、ダウンロードされます。

古物商申請書 契約書 略歴書 使用承諾書

見本        見本   見本

契約書は、提出日と住所・氏名を書いて印鑑を押せばOKです。

 

ステップ2 古物商を取得する為に必要書類をそろえよう♪

警察署からもらった書類以外に準備する書類が3つあります。

1つ目は住民票(本籍記載の物)です。

これは市役所でも取れますし、住基カードがあればコンビニでも取れます。

必ず本籍記載の住民票を取って下さい!

 

2つ目は身分証明書(外国の方は外国人登録記載事項証明書)です。

これは、市役所で取れます。住民票と一緒に取ればいいっすね♪

 

3つ目は、登記されていないことの証明書(外国の方は不要)です。

これは、法務局で取れます。

「成年被後見人・被保佐人に登記されていないこと」を証明する書類みたいです。

「身分証明書」と内容がかぶっちょるんですけど、後見登録制度は平成12年4月1日以降施行されたものなんで、両方の証明書が必要と警察官が言ってました♪

 

ステップ3 古物商を取得しに再度警察署へ行こう♪

全部書類が準備できたら、書類を持って警察署へ行きましょう♪

そして、ここで準備する物が1つあります。

それが、19,000円分の収入証紙です!

警察署会計係窓口で支払ったらもらえますので、それを一緒に提出して下さい。

書類に不備があったら、訂正印を押さないといけないのでこの時も印鑑を持って行きましょう♪

 

これで、申請は終わりです。

簡単だったでしょ?ww

 

あとは、40日〜60日間後に許可がおりますので気長に待っておきましょう^^

警察から電話が来たら、身分証明書と印鑑を持って古物商を取りに行ってください。

古物商を取得した後はどうしたらいいの?

古物商を取得した後は、警察官から指示があると思いますが

プレートを作らないといけません♪

俺は、ここで注文しました

 

 

警察署が準備してくれる所もあるみたいです♪

確認して、買うようにしましょう。

 

という事で、今日は終わり~☆

最後までご覧いただきありがとうございました。

役にたったら「はてブ」よろしく!!


明日からせどりが出来るようになる
ゼロから始めるせどりの教科書プレゼント中

せどりで1番勉強になる仕入れ同行風動画も見てね♪

初めての人でもこれを見れば

簡単にせどりが出来る方法を発信中!!

これ読まんとてっげ損すっじ!!


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です